クレジットカードが作れない人ならデビットカード

クレジットカードが作れない理由とは?

クレジットカードとは、ショッピングや公共料金の支払いなどに利用できるカードです。料金の支払いを前払いで行い、後日指定の銀行口座から利用分がまとめて引き落とされます。料金の前払いを行うため、支払い(返済)能力があるかどうかについてカード作成前に審査が行われることが一般的です。審査を通過するにはカード申し込み時の書類の記載内容に不備がないことが必須ですが、その他に信用情報も重要になります。信用情報とは過去の金融に関する取引履歴が記載されているものです。この信用情報に返済が遅れたなどの金融事故と呼ばれる情報が記録されていると、返済能力がない(信用できない)と判断され、クレジットカードの審査に落ちてしまいます。

デビットカードとは?

クレジットカードと似たような機能を持っているものにデビットカードがあります。カードを使って銀行口座から引き落として支払う仕組みはクレジットカードと一緒ですが、違いは引き落とすタイミングです。クレジットカードの場合は後日ですが、デビットカードの場合は決済すると即時に銀行口座から引き落とされます。銀行口座の残高以上の利用ができないようになっているため、クレジットカードのような審査もなく作成することが可能です。なお、金融機関によってはキャッシュカードと一体型(デビット機能付きキャッシュカード)になっている場合もあります。クレジットカード以外にもデビットカードで決済を受け付けている場合もあるため、クレジットカードの代わりに利用することが可能です。

© Copyright Professional Support. All Rights Reserved.